新型出生前診断についての情報が満載です!

こちらのサイトでは、新型出生前診断についての情報をわかりやすくご紹介しています。
ご紹介の中には、診断の結果が理由で中絶を選ぶもしくは判断を下すことはあるのか、診断は倫理的に考えて良いものなのか、この検査の診断だけで決めるのではなく確定検査を行う決めることが多い、妊婦が受けるダメージなどについてご紹介を行っています。
なお、NIPTは非確定的検査に含まれるもので、この検査で異常が認められた場合でも、後に行う確定検査で異常が見つからないケースも決してゼロとはいい切れないことを把握しておきましょう。

新型出生前診断の結果が理由で中絶を選ぶケースの例

新型出生前診断の結果が理由で中絶を選ぶケースの例 新型出生前診断はお母さんの血液を採取するだけで、お腹の中にいる赤ちゃんの染色体異常を診断することができる検査方法で、非確定的検査に含まれます。
そのため、この検査の中で中絶を考えるのではなく、妊娠15以降に行うことができる羊水検査を受けてから決める方法もあります。
新型出生前診断でダウン症候群と診断がされた場合でも、後で行う羊水検査で異常が見つからないこともゼロではありませんし、人工妊娠中絶手術は妊娠22週未満(21週6日)であれば可能になるので、新型出生前診断の結果だけで中絶をする必要がないなどの理由があるわけです。
ちなみに、18トリソミーや13トリソミー症候群などの診断が下された場合、赤ちゃんの寿命は1年以内などといわれています。

中絶の後押しにも繋がる新型出生前診断について

中絶の後押しにも繋がる新型出生前診断について お母さんの血液を採取するだけで胎児に病気があるのか否かを診断することができる、その病気とはダウン症などの疾患の有無を意味します。
ダウン症は顔立ちに特徴があるので大半の人はどのような疾患であるのかを知っている人は多いかと思われますが、発育障害の症状もあるので集団の中での生活が難しくなる、ご両親の苦労も多くなりがちです。
そのため、新型出生前診断は悪い意味で中絶を後押ししてしまう診断などといわれることも少なくありません。
新型出生前診断で陽性の診断が下されたとき、それがダウン症候群やその他の染色体異常である可能性は高くなる、子供の将来を考えるとご両親は悲しみに包まれてしまう、どのようにするのが良いのかわからないで悩むケースは多いといえましょう。
もし、自分の子供が新型出生前診断で陽性といわれたとき頭の中が真っ白になり、中絶が最善の策であると考えるケースも多いのではないでしょうか。
ちなみに、出生前診断で陽性の結果が出ても中絶の割合は全体の1%程度に過ぎないなどの報告もあり、授かった命を大切に考えようとする人が多いのです。
ただし、この新型出生前診断で陽性となった場合でも、確定診断の中で陰性になる可能性もあるなど奇跡を求める人も多いといえましょう。

新型出生前診断と遺伝カウンセリング等のサポートが必要であること

型出生前診断を行うと胎児の特定の染色体疾患を調べることができますが、陽性の場合は妊娠を継続かするか選択しなければならず、遺伝カウンセリング等のサポートが必要となります。新型出生前診断が陽性になるとダウン症の可能性がありますが、遺伝カウンセリングは、検査の目的や内容、検査によって判明する病気や特徴、サポート体制等の情報を得ることができ、どうしたいのかを明確にしていくことができるようフォローして頂くことができます。
遺伝カウンセリングは臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラー、遺伝看護専門看護師によって行われますが、新型出生前診断に関しては、母体から血液を採取して胎児の染色体を調べなければなりません。通常は21番染色体が2本存在しますが、異常がある場合は3本存在します。
妊娠中の母体の血液中には胎児の染色体がかけらとなり流れており、正常の場合は染色体のかけらが1.3パーセント出現しますが、ダウン症の場合は1.42パーセント出現することが認識されました。陽性の場合は、先天性心疾患や難聴、睡眠障害や知的障害等の症状があり、外見は低身長や目が小さい等の特徴があげられます。

新型出生前診断で胎児の染色体異常の状況がわかる

新型出生前診断を行うことで、胎児の状況を知ることができます。具体的には、遺伝子の異常による疾患であるダウン症の有無が分かります。ダウン症というのは、21番染色体のコピー数に異常(多い)ことで起こる知的障害で、染色体異常で起こる知的障害の中で最も多いと言われています。平均IQは50程度で、特徴的顔貌があり、臓器に障害を与えることも多く、その場合は治療が必要となります。
新型出生前診断の結果陽性となり、ダウン症のお子さんが生まれてくる可能性が高いことが分かった場合、大きなショックを受けることと思います。ただダウン症のお子さんは心がとてもピュアで、苦労が多いかもしれませんが、やがて産んで良かったと言われる親御さんが少なくありません。また、本人も幸せに生きている方が多いです。夫婦でしっかり話し合うのはもちろんですが、信頼できる家族や友人、そしてお医者さんとも話し合いながら今後のことを考えていくことが大切でしょう。

新型出生前診断で中絶する際は周りと相談して決めよう

胎児の染色体異常がないか調べるために新型出生前診断を受けようと考えている方がいるかと思われます。血液から胎児の染色体異常を調べることができて、陽性となった場合はダウン症の子供が生まれてくる可能性が高いです。
ただ、陽性になったからといって、簡単に中絶することは評価できません。健康な子が生まれてくることを望んでいる考えは理解できますが、病気を持った子供にも生きる権利があることをしっかり認識する必要があります。
新型出生前診断を根拠に中絶する場合は、家族などとよく相談するべきです。様々な人の意見を聞くことで、考えが変わることも結構あります。
自分だけの意見で決めるよりもベストな選択ができるので、家族などと十分の相談してから決めることが重要です。
ダウン症だからと簡単に命を奪ってしまう方がいますが、母親である前に人として失格です。胎児は必死に生きようとしています。よく考えないで決めて後悔しても遅いです。

新型出生前診断で陽性になって中絶を決めた人の現状

妊娠したので新型出生前診断を受けようと考えている方が多くいると思われます。母親の血液から胎児の染色体異常を調べられる検査です。陽性だとダウン症の子供が生まれてくる可能性が高いです。
新型出生前診断で陽性になったことでの中絶の現状について見ていきます。陽性判定された95%以上の人が中絶をしており、陽性判定された人のほとんどが子供を産まない選択をしていることが分かります。
ダウン症の子供を上手く育てられる自信がなかったり、周りにサポートしてくれる人がいないので仕方なく決断したなど人それぞれにあるはずです。ただ、ダウン症がある子供でも生きる権利があることを忘れてはいけません。
ダウン症だからといって簡単に命を奪ってしまうことは、果たして健全なことなのか、しっかり考えるべきです。
健康に生まれてくることが望ましいですが、そうでなくても成長して大人になった子が多くいるので、新型出生前診断で陽性判定になっても悲観する必要はないです。

新型出生前診断を受ける際知っておきたい中絶のこと

妊娠をしても何らかの理由でどうしても主産することができないという場合は、中絶をすることはできます。そして、それができるのは母体保護法で21週と6日目までと決められています。
高齢出産などで障害児や病気の子どもが生まれるリスクが高いと不安を持つ場合、胎児の様子を知っておきたいと新型出生前診断を受ける妊婦さんが増えています。かつての出生前診断はお腹に針を刺す羊水検査だったので母体にもリスクがありましたが、新型出生前診断は血液検査だけで診断できるのでリスクを伴うことはありません。
しかしもし検査結果が陽性で染色体異常が見つかった場合、悩んでばかりいてそのまま22週0日を過ぎてしまったらもう中絶という選択を選ぶことができません。
高齢のため生み育てても子供の将来が不安というケースや、どうしても覚悟ができないなどの時は期間内に早く決断をする必要があります。新型出生前診断自体は簡単な検査ですが、検査を受けることについても慎重に考えることが大切です。

新型出生前診断の結果次第で中絶も選択肢にするのか

高齢出産であったり、過去に出産した際に障がいを持った子供を授かったなどで新型出生前診断を受ける妊婦さんは少なくありません。問題は、その結果次第で中絶することが選択肢になるのかです。
やはり、障がいを持った子供の育児は大変だと言うこともあってか、結果によってはお腹の中の赤ちゃんを諦めざるを得ないと思う夫婦は決して少なくはありません。むしろ、そのために新型出生前診断を受けると言っても良いのではありませんか。
高齢出産となると、子育てがより大変です。障がいを持った赤ちゃんの育児が本当にできるのか、不安に思うのも仕方がないことでしょう。
また、すでに障がいを持った子供を抱えているために、これ以上障がい児を育てる余裕がないと言う人も多いのかもしれません。
これは、難しい問題ではありますが、実際に産み育てる妊婦さんたちが決めることです。自分達だけではなく、医療機関のスタッフともよく話し合った上で最終判断してください。

新型出生前診断をした夫婦の中絶の割合とは

新型出生前診断をしてその結果、染色体異常が見つかった場合に中絶を希望する夫婦の割合は全体の90%以上となっています。ほとんどの夫婦が中絶手術という選択をしているといっても過言ではありません。
その背景には、出産後の育児の大変さや将来への不安が大きく、子育てをしていくうえでできるだけリスクがない状態を望んでいることがわかります。
しかしながら、新型出生前診断は人の生死にかかわる問題であり、染色体異常の可能性がありながら妊娠を継続して出産することを選ぶか、そうではない選択をしてしまうのか、いずれにしても夫婦ともに心に大きな傷が残ってしまうことになりかねません。
だからこそ、この診断を受けるかどうかも含めて、仮に陽性という結果が出てしまった場合には、どのような選択や決断をするのかを事前に夫婦の間でよく話し合っておくことも大切になります。
そして、夫婦で下した決断を両親や周りの人にも理解してもらうように努めていきましょう。

新型出生前診断の結果で中絶するかはカウンセリングで判断

新型出生前診断を行った結果、もし陽性という判定がなされた場合に中絶するかどうかはカウンセリングで判断することになります。
まず、この新型出生前診断は確定ではなく、陽性となった場合にはさらに精密検査を行って、胎児が本当にその遺伝子的な疾患を持つのかどうかを調べることが必要です。
その結果でも病気を持っていることが確定した場合、産み育てることができないと決まったわけでもありません。
医学の進歩は大きく、昔はほぼ生きていくことができなかったような重い病気であっても今は違うこともあります。
子供を持つかどうかは非常に難しい判断であって、本人であっても決断できないことや情報が不足しているように感じられるケースもあるかもしれません。
そういう場合には自分たちだけで何とかしようとするのではなく、カウンセリングを受けて決めることもできるというか、出生前診断とはそのようなサポートも含めてのものとなっていますので安心してください。

新型出生前診断後の中絶は体調もふまえて早めの決断がベター

新型出生前診断とは、妊婦から少量の血液を採血し胎児について頻度が高い三種類の遺伝病の発症リスクを判定する検査のことです。新型出生前診断で異常を指摘されると、出産を諦める傾向が顕著で中絶手術を選択する流れとなります。
そこで問題になるのは中絶手術をするタイミングです。日本では母体保護法により妊娠22週未満とされています。
法律上はこの期間制限内であればいつでも可能なはずですが、妊婦の体調や心身への負担も考慮すると、できる限り早い時期に選択するのが推奨されています。
このような事情が介在することから、妊娠11週までのタイミングを選択するのが理想的とされてきました。
妊娠11週までの早期のタイミングであれば、日帰り手術も可能で身体への負担が少なく、費用も抑えることが出来ます。
これにひきかえ、12週以降の手術は基本的に入院が必要で、費用も分娩と同等レベルとなり高額です。妊娠自体が疾病でないため、基本的に保険が適用されないこともふまえると、いっそう早期を選択するべきといえます。

新型出生前診断から中絶手術を受けるまでのプロセス

新型出生前診断とは胎児について、出産後に特定の遺伝病の発症リスクを判定する検査のことです。多くの染色体異常を検知できるわけではありませんが、現在ではダウン症を始めとした発症頻度が高い三種類の疾患を検査対象としています。
かつては胎児の遺伝病リスクは、羊水採取など母体にとってもリスクの高いものでした。これに対して新型出生前診断では妊婦から少量の血液を採取するだけななので、はるかに母体へのリスクが低く抑えられています。
しかも検査の精度は高く、高齢妊婦などを対象に特定の遺伝病リスクをかなり正確に判定することが可能です。
新型出生前診断をうけて異常が発見された場合、ほとのどのカップルは中絶手術を選択すると見られています。
中絶手術に至るプロセスですが、当該検査で異常が発見されてから今後の妊娠を継続するか否か、の判断を迫られることになります。
妊娠成立後時間が経過すると、妊娠を中止するのはリスクが高いので、早急に決断をすることになるのが現実です。

新型出生前診断の後で病院で中絶手術を受ける傾向があるのか

新型出生前診断(NIPT)とは、妊婦から少量の血液を採血し、3種類の染色体異常に起因する遺伝病発症リスクを判定する検査のことです。
最近では初産の年齢が30代半ば以降と、高齢出産の事例が増加しています。高年齢での出産にはダウン症などの遺伝病リスクが高くなることが明らかとなっており、高リスクの妊婦の方では新型出生前診断に対するニーズが高くなっているようです。
それでは新型出生前診断をうけることで、遺伝病リスクが高いとの検査結果が出た場合に病院で具体的にどのような対応にでるカップルが多いのでしょうか。
当該検査で遺伝病リスクが示唆されるとの結果が出た場合に、多くのカップルが中絶手術を選択することが多いことが統計でも明らかになっています。
その理由としては、出産後に仮に特定の遺伝病などが発症しても、現在の医学レベルでは完治できる治療法は開発されていないことや、高額な療養費捻出などがネックになることが想定されます。

新型出生前診断で中絶を選択しなかった人の体験談

新型出生前診断とは妊婦から少量の血液を採取し、発生頻度の高いダウン症など三種類の遺伝病の発生リスクを判定する検査のことです。
30代後半以降の高齢出産では染色体異常を合併する確率が優位に高くなることが知られており、初産年齢の高齢化が進展していることも影響して新型出生前診断を受ける妊婦の数は増加しています。
実際に新型出生前診断をうけて遺伝子異常の存在を示唆する結果が出ると、妊娠継続は断念し中絶手術を選択するのが多数を占めるというのが現実です。
ダウン症などは現時点でも根治的治療法は開発されておらず、出生後の療養生活の経済的負担も無視できないことが影響しているものと見られています。
他方で遺伝病のリスクが高いと判定されても、そのまま妊娠を継続して出産を選んだ体験談も少なからず見受けられます。
どちらの選択にも相応の理由がありますが、少数派の体験談にも傾聴するべき内容が含まれています。新型出生前診断をうけるときも、広い視野に立って検査後の選択に向き合う姿勢が大切です。

新型出生前診断を受けるなら中絶可能な時間に限りがあることを忘れずに

新型出生前診断の結果を受けて、その結果に悩み妊娠を継続するかどうか判断をする場合、なかなか答えをみつけるというのは難しいことです。
もちろん、結果的になんの問題もなく安心できるのが一番ですが、万が一お腹の赤ちゃんに異常が見つかったら、無事に産んであげられるのかや産んだ後安心して育てていくことが出来るのか、子どもを取り巻く環境についてなどたくさんのことを考えなければなりません。
例え妊娠を継続しないと夫婦で話し合っても、本当にそれでいいのかと悩み一度は決めた妊娠の中断を白紙に戻し悩むということも多いです。
ですが、新型出生前診断を受け、恐れていた結果が出てしまった場合、悩む時間は限られています。
人工中絶は妊娠22週を過ぎてしまうと不可能となってしまいます。妊娠中は出来るだけ母体に負担をかけないよう、ストレスフリーな生活を送るよう心掛けなければなりませんが、新型出生前診断を受けるのであれば、受けた後の結果を受け止めるのかというのは夫婦でよく話し合っておくことがとても重要となってきますので注意しましょう。

新型出生前診断で中絶をするか悩んでいるなら専門の医師に相談しよう

生まれる前の赤ちゃんに異常がないか調べる新型出生前診断は、ダウン症などの染色体異常があるかどうかを調べるのに有効です。
妊婦の血液だけで気軽に検査ができるので、学会の認定を受けていない美容外科やクリニックにも普及しています。
しかし認定を受けていない施設の多くは、医師が検査への十分な説明やケアを行わないので、中絶を決意するなど深刻な悩みに直面する家族への配慮が足りないケースが多いです。
したがって新型出生前診断を行なおうと考えているのであれば、万一に備えて遺伝カウンセリングを実施しているところを選ぶようにしましょう。
重要なのは妊娠している女性に寄り添ったアドバイスをして、検査の内容をわかるまで詳しく説明してくれるところです。
新型出生前診断を行った女性が正しい判断で赤ちゃんを産むかどうかを決められるように、知識や経験、実績のある臨床遺伝専門医が診療しているクリニックを選ぶことがポイントになります。

新型出生前診断で異常を発見されると多くが中絶に前向き

新型出生前診断は、妊婦から少量の血液を採取し染色体を抽出してダウン症を始めとした頻度の高い三種類の遺伝病の発症リスクを出産前に診断するというものです。
30代の中高年以降の高齢出産ではダウン症や先天的な心疾患のリスクが高かくなるため、受診される層も30代以上に初産を迎える方に集中する傾向があります。
新型出生前診断で遺伝病リスクが高いと判断されたカップルでは、中絶をするのか妊娠を継続するのかの判断をせまられることになります。
妊娠後三か月を経過すると、医学的必要性が認められない限り中途で妊娠を止めることはできないからです。
加えてダウン症など、新型出生前診断で発症リスクを判定できる病気はいずれも根治治療が確立されていません。治療のための経済的出費も長期間に及ぶなど相対的に育児にかける負担も大きくなります。
このような療養児がおかれる厳しい境遇も意識されてか、新型出生前診断で異常を指摘されたカップルの9割以上が中絶に前向きなデータが明らかにされているほどです。

新型出生前診断による中絶はメンタルに配慮することが大切

新型出生前診断によって妊娠中に多くの胎児異常が診断されるようになりましたが、胎児異常の診断を受けた女性とそのパートナーは、妊娠を終了させるか継続させるかの困難な選択が必要になります。
胎児の異常が原因で中絶を決意した女性の多くは、メンタルに大きな負担が出てしまう可能性が高いです。
新型出生前診断によって胎児の異常を発見し、妊娠を終了した女性の中には、PTSDやうつ病の症状が認められます。
そのような女性へのカウンセリングは特別な配慮が必要となり、悲しみを癒す手助けが特に必要です。
新型出生前診断は採血のみなので手軽に受けられるというメリットがありますが、胎児に異常が認められた場合に備えて、その後のケアを十分に受けられる施設で受けることをおすすめします。
具体的にどのような施設が良いのかというと、経験豊富な臨床遺伝専門医が診療しているようなクリニックです。もしもの場合を考慮して、万全の態勢で新型出生前診断を受けるようにしましょう。

新型出生前診断を受けて中絶する選択する人の割合

新型出生前診断とは、妊婦から少量の血液を採血しダウン症など代表的な遺伝病の発症リスクを判定する検査のことです。
新生児の遺伝病は30代以降の高齢出産になるとリスクが高くなるため、日本国内では30代以降で初産を迎える女性が新型出生前診断をうける傾向にあるようです。
ダウン症をはじめとした三種類の病気はいずれも、根治治療がなく合併症のリスクも非常に高いことから検査を受けることと中絶を選択することには密接な関連性がみうけられます。
仮に出産を選択すると、病気治療と子育ての両方の負担に直面することになるので、出産しない選択をするカップルは少なくないようです。
この予測はデータによっても裏付けられており、新型出生前診断でダウン症や先天的心疾患のリスクが高いと診断されたカップルの90%が中絶を選択する人の割合を占めているのが現実です。
生命の選別を許すものとの批判があるものの、現在の社会的状況を前提にすると出産するというのは難しいのは確かです。

おすすめのNIPT情報サイト

新型出生前診断 東京